社会科学専門図書出版 文眞堂(文真堂)

『FTA戦略の潮流』

【内容紹介】

【図書目録】

【本を購入】

    目  次

  • はしがき
  • 第 1部 メガ FTAと新通商秩序:展望

  • 第 1章 メガ FTA時代の WTO:
  •     その新たな役割 (馬田 啓一)
  • はじめに
  • 1.崖っぷちの WTOドーハ・ラウンド:見えない着地点
  • 2.ポスト・バリ合意への期待と不安
  • 3.21世紀型貿易とメガ FTAの潮流
  • 4.WTOの役割は終わったのか
  • 5.保護主義の抑制と WTO
  • 6.WTOの制度上の問題:改革の焦点
  • 7.プルリ合意の意義:WTO復活の起爆剤か
  • 8.メガ FTA時代の WTO:主役か脇役か
  • 第 2章 APECと FTAAP (石戸 光)
  • はじめに
  • 1.APECの性格:歴史的経緯から
  • 2.APEC域内の貿易自由化動向
  • 3.APECと FTAAP,ボゴール目標,TPPとの関連性
  • 4.APECと FTAAP:今後の展望
  • 第 3章 メガ FTA時代を先導する TPP (菅原 淳一)
  • はじめに
  • 1.メガ FTA時代の幕を開けた TPP
  • 2.新たな「ひな型」としての TPP
  • 3.メガ FTA時代の TPPと日本
  • 第 4章 RCEPの意義と課題 (石川 幸一)
  • はじめに
  • 1.EAFTAと CEPEAを統合
  • 2.包括的な FTAを目指す
  • 3.市場・生産基地として重要な意義
  • 4.RCEPの課題
  • おわりに
  • 第 5章 TTIP(米 EU・FTA)交渉の現状と展望 (安田 啓)
  • はじめに
  • 1.TTIP交渉開始の動機
  • 2.市場アクセス交渉の論点
  • 3.規制問題と非関税障壁の論点
  • 4.グローバルな共通課題
  • 5.今後の展望
  • 第 6章 日本・EU経済連携協定(EPA)
  •     ―新たな日 EU関係強化への歩みと展望― (渡邊 頼純)
  • はじめに
  • 1.日 EU通商関係の歴史
  •   ―「摩擦・対立」から「協力・協調」へ―
  • 2.「民間主導」で始まった議論
  •   ―野心的な日本側,慎重な EU側―
  • 3.EPA交渉までの道のり
  •   ―「スコーピング作業」から交渉開始まで―
  • 4.日 EUEPA交渉の留意点
  • 5.結びにかえて
  • 第 7章 日中韓 FTAの意義―再検討 (阿部 一知)
  • はじめに
  • 1.日中韓 FTAの交渉経緯
  • 2.日中韓 FTAの経済効果:再検討
  • 3.将来に向けて有意義な日中韓 FTAを目指して
  • 第 8章 ASEAN経済共同体とメガ FTA (清水 一史)
  • はじめに
  • 1.ASEAN域内経済協力の展開と AEC
  • 2.世界金融危機後の ASEANと東アジア
  • 3.2015年の AEC実現とメガ FTA
  • おわりに
  • 第 2部 主要国の FTA戦略:現状と課題

  • 第 9章 日本の FTA (高橋 俊樹)
  • はじめに
  • 1.日本の FTAの現状と FTA利用の実態
  • 2.FTAはどのような農産物・機械機器部品の輸出に効果的か
  • 3.求められる日本企業のメガ FTAの活用
  • 第 10章 米国の FTA (滝井 光夫)
  • はじめに
  • 1.FTA政策の展開
  • 2.米国型 FTAの特色
  • 3.形骸化しつつある TPA
  • 第 11章 EU統合の深化・拡大と FTA戦略 (田中 友義)
  • はじめに
  • 1.統合化の手段としての FTA戦略
  • 2.FTA戦略の目的と手段
  • 3.新 FTA戦略の展開と今後の展望
  • 第 12章 ASEANの域外 FTA (助川 成也)
  • はじめに
  • 1.ASEANの域外 FTA形成の動きとその特徴
  • 2.5つの ASEAN+1FTAの利用拡大に向けた動き
  • 第 13章 中国の FTA政策と TPP (中島 朋義)
  • はじめに
  • 1.中国の FTA政策の概要
  • 2.TPPの展開
  • 3.中国における国有企業問題
  • おわりに
  • 第 14章 新たな展開を見せる韓国の FTA (奥田 聡)
  • はじめに
  • 1.輸出主導による経済発展の軌跡
  • 2.FTAの採用とその後のあゆみ
  • 3.韓中 FTA
  • おわりに
  • 索引

ネット書店で購入
(括弧内コメントは2017年2月弊社調べ)