社会科学専門図書出版 文眞堂(文真堂)

『新型コロナ危機と欧州』

【内容紹介】

【本を購入】

【お知らせ】

植田隆子 編著

新型コロナ危機と欧州

EU・加盟10カ国と英国の対応

A5判並製 348頁 C3030
ISBN 978-4-8309-5123-7(4-8309-5123-0)
定価 3520円(本体 3200円+税)
2021年3月発行

  • 第Ⅰ部 EUレベルでの動き
  •  第1章 コロナ禍と初動期のEU国境管理―EU市民権と連帯の行方に焦点を当てて 岡部みどり
  •  第2章 新型コロナ危機の欧州経済への影響とEU経済政策 高屋定美
  •  第3章 新型コロナ危機とEU統合―試練による統合強化の展開 植田隆子
  • 第Ⅱ部 EU加盟国と英国による対処
  •  第1章 イタリア:状況認識後の対応に注目 八十田博人
  •  第2章 ドイツ:EUにおける役割の重要性 森井裕一
  •  第3章 フランス:試練のマクロン体制とEU連帯の追求 坂井一成
  •  第4章 スウェーデン:独自路線とEU協調との狭間で 吉武信彦
  •  第5章 ベルギー:連邦制の下での独自の対応 武居一正
  •  第6章 ハンガリー:我々は今,民主主義と戦争の間にいる 家田 修
  •  第7章 ポーランド:新型コロナ対策から見えるポーランド政治の特徴 市川 顕
  •  第8章 バルト3国:EUの「傘」とロシアの脅威による地域協力の変容 志摩園子
  •  第9章 英国:変化を加速させた新型コロナ危機 池本大輔
  • 第Ⅲ部 国際秩序の変動と欧州統合の展望
  •  第1章 新型コロナと欧州統合の将来 ヤン・ワータース
  •  第2章 コロナ後の国際秩序とEU 刀祢館久雄

【参考:配本書店検索】