社会科学専門図書出版 文眞堂(文真堂)

『歴代ローマ教皇の権勢とヴァティカン機密文書』

【内容紹介】

【本を購入】

大泉光一 著

歴代ローマ教皇の権勢とヴァティカン機密文書

四六判上製 328頁 C0020
ISBN 978-4-8309-5111-4(4-8309-5111-7)
定価 2530円(本体 2300円+税)
2021年1月発行

  • 第1章 昭和天皇裕仁とローマ教皇の交誼―昭和天皇、教皇ピオXII世の教皇就任を祝う書簡で相互の友情と交誼を誓う―
  • 第2章 コロンブスのアメリカ大陸発見とその領有権を巡る教皇アレクサンデルⅥ世の勅書―諸大陸を2つに分断した教皇勅書の権威―
  • 第3章 駐ドミニカ共和国教皇大使が教皇ピオIXに宛てたコロンブスの遺骨発見に関する調査報告書―コロンブスの遺骨を巡る謎を追う―
  • 第4章 モンゴル帝国第3代皇帝グユク・ハーンと教皇インノケンティウスIV世の確執―グユクがローマ教皇に宛てた前代未聞の勅書とは―
  • 第5章 イングランド王ヘンリーVIII世の離婚許可の嘆願書
  • ―85人のイングランド議会議員、ローマ教皇にヘンリーVIII世の婚姻の解消を求めて嘆願書を送る―
  • 第6章 イングランド国王チャールズⅠ世が教皇インノケンティウスⅩ世に宛てたラテン語書簡(1645年10月20日付ロンドン発信)―チャールズI世がローマ教皇インノケンティウスX世に宛てた寵臣グラモーガン候の信任を求めた自筆署名書簡―
  • 第7章 中国・南明朝第4代皇帝「永暦帝」の嫡母「定聖慈粛皇太后」(孝正皇后)がローマ教皇に救援を懇願した書簡
  • 第8章 奥州王伊達政宗がローマ教皇パウルスV世に宛てた親書―書簡に隠された極秘事項とは―
  • 第9章 伊達政宗宛ローマ教皇グレゴリウスXV世のラテン語書簡の下書き(1623年5月27日付ローマ発信)(A.S.V., Arm. 45, Grego XV an. III, fol. 80b, n.99)―政宗に強く受洗を求め、伊達領内に「キリシタン共和国」の建設に期待―
  • プロローグ 《歴史研究の真髄》―「史実」(歴史的事実)と「物語」の峻別を!―