社会科学専門図書出版 文眞堂(文真堂)

『フクシマ後10年』

【内容紹介】

【本を購入】

コンセンサスもなく原発が再稼働される今、海外事例をもとに、あるべきエネルギー政策を提起する!

橘川武郎 著

フクシマ後10年

40編のエッセイで綴るエネルギーの未来

四六判並製 277頁 C0033
ISBN 978-4-8309-5100-8(4-8309-5100-1)
定価 2750円(本体 2500円+税)
2021年3月発行

東京電力・福島第一原子力発電所事故から10年。「日本のエネルギー改革は進展したのであろうか? 今後の課題は何であろうか?」この問題意識のもと、日本のエネルギー産業論の第一人者が、原子力、電力・ガスシステム改革、水素、エネルギー転換など10のテーマを取り上げ、「世界経済評論インパクト」掲載のエッセイを手がかりに、「2050年の電源ミックス」を展望する。