社会科学専門図書出版 文眞堂(文真堂)

『災害時要援護者支援対策』

【内容紹介】

【本を購入】

【お知らせ】

著者紹介

【著者】

有賀 絵理(アリガ エリ)

1980(昭和55)年、茨城県日立市出身。茨城大学教育学部卒。

現在、茨城大学地域総合研究所客員研究員・同大学非常勤講師。

障がい当事者でもある自分の体験・経験を活かし、地域福祉の災害時要援護者

避難や障がい福祉などを研究。

理事・委員等

・茨城福祉移動サービス団体連絡会 役員

・認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ 理事

・NPO法人 とらい 理事

・一般社団法人 JMDA 茨城県支部 理事

・一般社団法人 日本福祉のまちづくり学会 関東甲信越支部 役員

・国土交通省 関東運輸局 茨城運輸支局 バリアフリーネットワーク会議 委員

・日立市自立支援協議会 委員

・日立市自立支援協議会 計画専門部会 部会長

・日立市公共交通会議 委員

・日立市新庁舎市民懇話会 委員

・東海村障がい者総合支援協議会 委員

・認定NPO法人 災害福祉広域支援ネットワーク・サンダーバード

 福祉における災害時広域支援システムの構築・運用に関わる研修開発 委員

・茨城県立水戸特別支援学校 学校防災連絡会議 委員     等に、就任。


(データは本書刊行時のものです)

ネット書店で購入
(括弧内コメントは2017年2月弊社調べ)