社会科学専門図書出版 文眞堂(文真堂)

『経営学の貢献と反省』

【内容紹介】

【図書目録】

【本を購入】

経営学100年の貢献と反省から21世紀を展望

経営学史学会編

経営学の貢献と反省

二十一世紀を見据えて

経営学史学会年報 第二十輯

A5判並製 192頁 C3034
ISBN 978-4-8309-4798-8(4-8309-4798-5)
定価 2916円(本体 2700円+税)
2013年5月発行
在庫あり

  • 巻頭の言(小笠原英司)
  • 第Ⅰ部 趣旨説明
  • 経営学の貢献と反省―21世紀を見据えて―(第7期運営委員会)
  • 第Ⅱ部 経営学の貢献と反省―21世紀を見据えて―
  • 1 日本における経営学の貢献と反省―21世紀を見据えて―(三戸 公)
  • 2 企業理論の発展と21世紀の経営学(勝部伸夫)
  • 3 企業の責任化の動向と文明社会の行方(岩田 浩)
  • 4 産業経営論議の百年―貢献,限界と課題―(宗像正幸)
  • 5 東京電力・福島第一原発事故と経営学・経営史学の課題(橘川武郎)
  • 6 マネジメント思想における「個人と組織」の物語り(三井 泉)
  •   ―「個人と組織」の20世紀から「関係性」の21世紀へ―
  • 7 経営学史における組織と時間―組織の発展と個人の満足―(村田晴夫)
  • 第Ⅲ部 論 攷
  • 8 現代企業史とチャンドラー学説―その今日的意義と限界―(澤田浩二)
  • 9 v.ヴェルダーの管理組織論(岡本丈彦)
  •   ―組織理論的な観点と法的な観点からの考察―
  • 10 組織社会化研究の新展開―組織における自己の記述形式を巡って―(福本俊樹)
  • 第Ⅳ部 文 献
  • 第Ⅴ部 資 料

【参考:配本書店検索】