社会科学専門図書出版 文眞堂(文真堂)

『カール・ポラニー』

【内容紹介】

【図書目録】

【本を購入】

『大転換』訳者によるポラニー論の決定版!

野口建彦 著

カール・ポラニー

市場自由主義の根源的批判者

A5判上製 254頁 C3033
ISBN 978-4-8309-4713-1(4-8309-4713-6)
定価 2750円(本体 2500円+税)
電子版 希望小売価格:2000円(税別)
2011年5月発行
在庫あり

著者によれば、労働、土地、貨幣を「擬制商品である」と指摘し、これら3要素が資本主義社会のドライヴィング・フォースである市場自由主義の専横に抵抗し、そのユートピア性を浮き彫りにしたことがポラニーの経済学に対する一大貢献である。著者は、ポラニーが残した課題を、「二つの帝国主義」と国際金本位制の歴史的解明によって果たし、ポラニー論の決定版を世に贈る。