社会科学専門図書出版 文眞堂(文真堂)

『産業集積地の継続と革新』

【内容紹介】

【図書目録】

【本を購入】

京都伏見酒造の伝統と常識にとらわれない大胆さを解き明かす力作。

藤本昌代・河口充勇 著

産業集積地の継続と革新

京都伏見酒造業への社会学的接近

A5判上製 232頁 C3034
ISBN 978-4-8309-4675-2(4-8309-4675-X)
定価 2860円(本体 2600円+税)
2010年4月発行
在庫あり

日本を代表する酒造地・京都伏見。そこには少資源という弱みを強みに変えてきた歴史がある。人々の常識にとらわれない大胆さと伝統を守り続ける力はどのように形成されてきたのか。長期にわたるフィールドワークによりそのメカニズムを解き明かす。力作。